スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
生き方への希望
- 2011/01/23(Sun) -
花





昨日、高校3年生の女の子から

「生きることへの希望が持てない」

という内容のメールがありました。

お返事として

死んでも魂は失われないとしたら
今生をどんなふうに生きたいですか?

と、自分自身に質問して

出てくる言葉を紙に書き出して下さい。

私も一緒にやります。。。。とお返事しました。



下記は、私が書き出したものです。


ほんとうにやりたいことも

生活のためにやるべきことも

本心が納得することが重要。

やるからには

「妥協しない」と決める。

結果に満足が伴わないときは反省
(現状は常に反省している。)

一点でも曇りを感じたら正直に反省。

向上を希望して次の機会に備える。


ほんとうにやりたくて「行う」のか?

生活のために「行う」のか?

自分のために「行う」のか?

他者のために「行う」のか?

「わたし」が生きて行く上で

絶対ではなないけれど

どれも精神的に肉体的に大切だと感じる。

何のために「行う」のかわからなくても

やろう、やらねば、と気づいたことに従って「行う」。

それが自然。

自分のため、他者のための必然だと感じる。


生きて行くことは苦痛を伴うことが多いけれど

「わたし」の理解の範疇を超えたところに

「わたし」の「あなた」の

「存在」の深い意味があることを希望している。


苦痛だと感じる心ばかりに意を注がず

美しいものを感じている心や

小さな喜びを感じている心に意を注いで行こう。

「今」というこの時に

本心に正直に素直で在ることに妥協しないことを

長年希望し続けている。

今生では、この生き方を貫きたいと希望している。

そして、他者の「向上」にも貢献する「わたし」で在ることを希望している。



死んでも魂は失われないとしたら
今生をどんなふうに生きたいですか?


今年50歳を迎える「わたし」の生き方への希望です。

高校3年生の人がどんな希望を導き出すのでしょう。







アメブロでも書いています→アメブロクリック

合わせてご覧いただけると嬉しいです♪














スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(2) | ▲ top
<<味わい | メイン | 観たい夢>>
コメント
--
いつも拝見しておりますv-252

自身の生き方が言葉になっていませんでしたが、
響くヒントをいただきました。

ありがとうございますv-238

高校生の女の子、希望を見出せるといいな~

ではまた、お写真とを楽しみにしておりますv-237
2011/01/24 21:55  | URL | 桃 #-[ 編集] |  ▲ top

-Re: 桃さんへ-
いつも観て下さって、そして

温かいコメントありがとうございます。

若いころは、自身と向き合えば向き合うほど

判らないことだらけになって

生きているのが辛くなることがありますよね。

目の前のことに一生懸命に取り組みながら生きて行くうちに

判らなかったことが判るようになって

大人になって行く。。。

私も言葉にする機会を与えていただきました。

有難いです。
2011/01/24 23:16  | URL | chomi chomi #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。